人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

The Pond at Ubud

2日目の夕食はMaya Resort Hotel でスパを終わってからホテルのタクシーでザ・ポンドまで。
ホテルのタクシーはいつでも使えますが500円と高いです(距離にしては)

The Pond Jl Raya Pengosekan, Ubud 多国籍料理  サレン・アグン宮殿から車で5分


e0221353_14212058.jpgここは夕方頃行き玄関までタクシーだったので入り口の外観もあいまいですが、大きな二階建てのお店です。庭側がライスフィールド(田んぼです)で眺めがよいですが、蚊に注意。私はさされずもっぱら娘のほうの血をいただいていたようです^^








e0221353_14232411.jpg
中にも入れますが景色の見える場所がよいようです。後から場所を変えました。娘があそこがいいとか言いたい放題行っているのでヒヤヒヤものでしたが。




e0221353_14504714.jpg
ビンタンビールを頼んで一緒に出てきたつまみと思いましたが、他の方のブログを見るとサービスでついてくるみたいです。多分ムラサキ芋のチップスのようなものにサンバルソースをつけて食べます。




e0221353_14563785.jpg
娘が頼んだ海老の揚げもの。95000Rp.(950円)私はシーフードミックス(海老やイカ、ムール貝などの揚げ物)90000Rp.(900円)その他にシーフードトムヤム、ご存知トムヤムクンスープ35000Rp.(350円)ファンタ10000Rp.(100円)、ビンタンビールSサイズ21000Rp.(210円)



すべてがワルンで食べるより洗練されていて日本人の口に合うと思いました。それなりに高い(こちらより少々安いですが)

あと娘がデザートにアイスクリームを頼みました。フレンチ風なおされな一品35000Rp.(350円)

しめて二人で283000Rp.(2,830円)ですが、これにサービス料5%税10%プラスで326865Rp.3、268円くらいで一人1600円強です。日本だとこれだけの量でこの値段はお安いですが…
旅行中はお安くワルン(食堂)で食べて、ちょっと間にこういうところでキチンといただくのもよいかと思います。

ちなみにここのスタッフの男子はキチンとジャワの衣装の制服(頭にジャワ更紗のスカーフをきりりと巻き、白い上着、同じくジャワ更紗のスカートを巻いてる)で若いイケメンたちです^^

最後に娘と一人のスタッフと記念写真を撮りましたよー
by refreshingtime | 2011-01-31 15:25

Ibu Oka 2号店

2日目はウブドのハノマン通りをショッピング。バリ王の4時間無料チャーターでホテルを出ます。

Ibu Oka2号店 Jl. Raya Teges Peliatan, Ubudいまやどこのガイドブックにも乗っているローカルかつ有名ワルン。
ここはバビグリン(豚の丸焼き)のみのメニューです。一号店の前を通り越し(すごく混んでいたらしい)2号店へ連れて行かれる。

e0221353_22295947.jpg
ホントのイブオカか?と一瞬疑うが入ってすぐに豚の丸焼きを見て納得。中は広くレストランって感じ。お客さんは次々と来るがすぐに座れた。地元の外国人もラフに食べてます。こちらは外観。旅行会社のブログからお借りしました。


e0221353_21385019.jpg豚1匹を解体、味付けしてある身、皮、内臓などすべてをご飯と一緒に頂くバビグリン。ウインナのようなのは血のソーセージと思われる。私は苦手。ホルモン系も噛み切れず。皮はパリパリとおいしい。野菜炒めも添えてある。




でも一皿30000Rp.(300円)で安いです。飲み物は別。バリではただの水は飲めないので食事のときは必ず何か飲み物をとります。ミネラルウォータやコーラが安いですが缶入りのウーロン茶は日本製ので少々高かったです。

e0221353_21391119.jpgこちらが丸ごとの豚を手際よく皮、肉などごはんと野菜が盛り付けてある皿に入れているところ。レジの側でやってます。たくさんのお姉さんが働いてます。一品で安くて人気店って…日本の牛丼屋みたいなんかな?





e0221353_21542490.jpgトイレの洗面。私は気づきませんでしたが、豚の形をしていたと娘が写真を撮ったもの。ちょっとこわいですね。
by refreshingtime | 2011-01-30 22:35

Mangga Madu、Ubud

1日目は6時ころデンパサール空港着。
まだ明るい中走り始めてホテルに着いたら真っ暗に。そこから食事に出るためにタクシーを呼んでもらいます。

マヤウブドホテルに入る道で、すでに見つけていた”マンガ・マドゥ”ここはバリの地元人の食堂(ワルン)です。
レストランや食堂などいろいろ行ってみて、すべて外との区切りがありませんでした。←仕切りの壁がない
扇風機もあるところもあったのですがクーラーなしです。でも夜だったので暑くはありませんでした。

Mangga Madu(マンガ・マドゥ) - Jl Gunung Sari No.1 Paeliatan,Ubud
サレン・アグン宮殿から徒歩10分(我々はマヤウブドホテルからタクシーですぐ)

e0221353_20173559.jpgナシチャンプル(ご飯と鶏肉や野菜の炒め物がワンプレート、もこもこしてるのは海老せんべい)
15000Rp(150円)






e0221353_20192097.jpg
アヤム・ケジャ(鶏肉にチーズが入っている、ポテト添え)27000Rp(270円)






e0221353_2026427.jpgソトアヤム(スープ)10000Rp(100円)空芯菜炒め8000Rp(80円)ちなみに食べやすく切ってないので一生懸命歯で切りました^^;
飲み物はコーラとミネラルウオーター各40円、30円     計67000Rp.(670円)一人350円弱





こちらはジモティ向きなのでお安くサービス料などはありません。チップも必要ないと思います。
お店の女の子はみんな小柄でスマートでかわいらしいです。でも日本人も多いらしく日本語のMenu(写真入)があり分かりやすいです。ナシ・チャンプルは日替わりらしいです。
味はインドネシアの味付けなのですが私はふつうに食べられました。偏食の方はお勧めできないかも…

ちなみにマンガ・マドゥの道を挟んで”ワルン・ミナ”があります。こちらはお魚の料理で有名だそうです。
by refreshingtime | 2011-01-30 20:31
バリ旅行も最後の日の5日目、当日はチェックアウトをしてから荷物をコンラッドに預ける。
アムルタのスタッフが迎えに来てくれます。

Nusa DuaにあるThe Amertaはクリームバス(ヘア)とフェイシャルを専門にしているスパです。
最終日にホテルをチェックアウトしてから夜中(0:55発)のフライトで帰国する方たちに合わせて、どこかの旅行会社が始めたのでしょうか?午前中ショッピングをして午後スパタイムを過ごして…ちょうどよいときに終り飛行場へ行くように…

でも私たちは朝10時から午後4時頃まで

車で30分くらい走り急な高台に登ったところにアムルタはありました。
娘は写真OKだったのでとっていましたが私は面倒だったのであまりありません、彼女のを拝借しました。
下の写真はまず施術を受けるときに選ぶスクラブ、クリームバス用のクリーム、マッサージオイルなど。
e0221353_2137598.jpg


私のメニューは
・ボディスクラブ(塩のようなもので全身をマッサージ、角質はとれたのでしょうか?)シャワー。
・私はアーユルベーダ、娘はオイルマッサージ。ここで二人並んで受けます。左側についているpotはシロダラのオイルです。
e0221353_22151695.jpg

・これが終わってから花びらの敷き詰められたフラワーバスに入ります。湯加減?も良かったです。娘と二人で入ります。友人となら裸の付き合いですね~
e0221353_22131611.jpg

・入浴後ボディローションをします    以上80分
・シロダラ(第3の目にオイルをたらす)←気持ちいい。第3の目が開いたかも?これが30分
・フェイシャル(すごくていねい、気持ちよいタッチ)80分
・クリームバス(ヘアのバスです)終わったらシャンプーリンス、ヘアマッサージします。80分
ここがシャンプールーム。セラピストさん美容師の資格持ってんのー?その辺の美容室よりベターです。
e0221353_22192794.jpg

以上が終了して軽食や水分を取りヴィラでリラックスタイム 60分 中庭の見えるところで過ごします。
もうセラピストさんは下がっていて誰もいませんよー。
e0221353_22252184.jpg


計5時間30分の極楽タイムは計133ドル(約11,500円)安い!!こういう時円高を実感!
娘とこれって日本だと3万以上かかるよねーと下世話な話をしましたが、セラピストさんが上手なので余計に感激しました。

あ、そうだ効果ですが、私のようなお年寄りでも確実にお肌の張りが違ってきます。顔のシミはとれませんがとってもすっきりしたお肌になった気がします。こういうのを頻繁にしていたら確実にアンチエイジングですね。
私は最初で最後かも~
もしバリに行くならぜひお立ち寄りくださいませ(^^)/
by refreshingtime | 2011-01-29 22:20
4日目はHISのオプショナルツアー”バリ島達人ツアー”に参加、ここも私たち2人のみ。
なのでHISのガイドさんプラスドライバーさんはかなりリラックスモードです。
これは後で書くので今回はスパでした。達人ツアーの帰りにマッサージするかと聞かれていて、私は「帰るよ、あなた一人で行きなさい」と言ったらガイドが「二人だと割引よー」というのでまあいいかと60分25ドルのマッサージへ。
e0221353_15562217.jpg

服は脱がなくてもいいというので座ってやると思っていたらベッドへどうぞという。
夜なのでよくわからなかったがかなり大きな老舗のspaらしい。あまり期待しないで横になったがそれなりに上手でした。私はジーンズをはいていたのでふくらはぎの部分が出来ないので脱ぎましたが。
e0221353_15564142.jpg


次女はキャミソールドレスなので脱がなかったようです。ここは娘が「よだれがでた」ほどすーっとリラックスしたらしく「チップチップ」とあげました。
旅行していると財布の紐はゆるみますね。でも日本人はあげない人も多いのではないでしょうか。なのでサービス料が入っていると思われますが。チップを考えると日本にいてよかったとも思います。

もちろんここのspaもいろいろなコースがあります。でも2、3、千円くらいの料金(円高のありがたさ)で60分なら日本と比べ物にならないくらいのスパ天国ですね。多分この業界はそれで生活している方がたくさんいるので切磋琢磨していると思います。

次回は最高だった”The Amuruta”です。
by refreshingtime | 2011-01-27 16:02
3日目はウブドからスミニャックに移動しました。
チャーターのタクシーを頼んで途中いろいろなところでショッピングや食事をして一日5000円(一人2500円也)このガイドさんは娘がどこかのブログから見つけてきて日本人の方の友人で日本語がしゃべれます。
でも「まじー?」とかかなりフランクな日本語をしゃべる元サーファーのティモール人の方でした。
e0221353_14465053.jpg

スミニャックでじゃらんじゃらんしてクンティ通りの予約してあった”チル”へ。chill out という意味でリラックスという意味だそうです。リフレクソロジーをメインにしています。
わりと小くでもきれいないサロンです。フロントでいろいろ書いてからまず足のマッサージ。男性セラピストです。
e0221353_14483970.jpg

写真は禁止ということでしたのでセラピールームはブログからお借りしました。大体倉庫のようなところで薄暗い中にベッドが10台くらいあります。椅子のような背もたれ付です。
e0221353_14485241.jpg

なんと私が施術されたセラピストさんは抜群でした。男性でしたので「ソフトで」とリクエストしてありましたが、ちょっと強い感じがすべてつぼに入っていてスムーズで気持ちよかった~足だけでなく背中も少ししてくれました。

こちらはやはりドル払い。スパやマッサージは観光客向けはドル払いが多いみたい。60分の”The Classic”というコースで15ドルeach。でもサービス料とtaxで20ドル近くいったので注意。
娘は「いまいちだった」そうです。
by refreshingtime | 2011-01-27 15:12

Spa at Maya

今回の旅の4日間のうち4回Spaとマッサージを受けました。毎日です^^;

最初の日は夜到着だったので翌日Maya Ubudo Resort & Spa内にあるSpa at Mayaに行きます。
どこにあるのかしらと思うほどホテルからは遠いです。
というかここのホテルは広大な土地で森の中にいるみたい。ゴルフ場もあるようです。
e0221353_13354089.jpg

ホテルからヴィラ(個室が転々と並んでそれぞれに門があります)の並んでいる道を通り抜け山のようなところからエレベータを使いSpaに行きます。森の中を散歩している感じでしたがとてもきれいに自然をたもっているように整備しているようです。下はセラピーを受ける前に症状やオイルなどを効かれますがそのときに出るwelcomedrink、場所によって特徴がありそれぞれ違いますね。
e0221353_1411956.jpg

ここが↓セラピールームです。奥にはガゼボがあり終わってからゆっくり下の景色(ゆるやかな傾斜でで川が流れている)をながめます。ここでは4handのオイルマッサージをしました。
一つのbodyに二人両サイドからマッサージします。ストロークが同じで両方から足の下から上にグーッとマッサージされるとすごく良い気分ですよー^^
e0221353_133693.jpg

セラピー前後の更衣室。吹き抜けで木々と空が見えます。ここでパンツ以外脱ぎますよー。
下は石が敷き詰められてます。
e0221353_14125329.jpg

帰路部屋に向かう道からの景色。下にプールがありここでもデッキチェアでのんびりできます。
赤い葉は日向にあたるところは色がつき日陰にあると青いままとか。これ何て名前かしら。南国風です。
e0221353_1430139.jpg

ここはドル払いで90分121ドル(約10,300円)です。ホテル直営でちょっと高い。それでも日本と比べると安い!一人に二人つくのですからね…セラピストは比較的上手だと思いました。でも各スパでのセラピーは受ける人の状態で変わると思います。二人がピッタリ合うとバッチリですが。
by refreshingtime | 2011-01-27 14:17

Conrad Bali

3泊目はタンジェン べノア地区のコンラッドバリです。高級ホテルらしいです。←ツアーで設定されていたのか、娘がワンランクアップしたのか不明。お部屋の写真を取るのを忘れました。
全体にぴかぴかに明るくなくて落ち着いたホテルです。すれ違う人もあまりなく日本人と思しき人は2,3人位。
部屋からすぐに出られる庭で。遠くにはプールや食堂がみえます。
e0221353_1517879.jpg

プールが見える食堂。一人のヨーロッパ系のおじさんが朝から泳いでましたが。ボーイさんの制服もラフで白いロゴ入りのTシャツにカーキ色のズボンです。すべて開放的。

e0221353_1544246.jpg

庭は回廊式のようで広いです。プールが入り組み所々に東屋があり、バーがありプールサイドにはデッキチェアで休めます。芝生の所々にバスタオルがセットされていて濡れた体をくるめますね。プールを渡る橋の上からデッキチェアの娘を撮りました。
e0221353_15191713.jpg

ロビーや廊下を挟むように中庭があり、噴水付きの池があります。また別の中庭の周りにはかわいらしい小さなお店が並んでいます。ちょっとお高いですが。
こちらは中庭にあるバーのお兄さんが準備しているところ。夜になるとここで簡単なライブをしていました。
e0221353_22403029.jpg



全体的に広くあちこちに部屋がちらばっているせいか人も少なく感じ、ホテルのスタッフも静かでゆっくりできますね。日本にいたら絶対に泊まれないところでした。
ちなみに日本語はあまり通じません。
by refreshingtime | 2011-01-25 16:13

Maya Ubudo Resort & Spa

バリ王のガイドさんが空港まで迎えに来てくれて車に乗る。「ツアーは何人?」「二人だけです」「やったー」勝手なものであんまり多数の団体だとわらわらと忙しいのでね。

1時間30分くらいでMaya Ubud Resort & Spa着。夜なのでライトアップされてきれい。入場口(?)でセキュリテイチェックをしてからかなり走ったです「ん、広ーい」
やっとエントランスらしきところへ。外のフロントテーブルに2,3人の人が迎えてくれる。そこから池の中の橋のような通りを過ぎてロビーへ。ろうそくだけで真っ暗ですがきれいです。
e0221353_141194.jpg

翌日の朝同場所(エントランスからロビーを見る。ろうそくを入れるグラスが浮かんでいる)まわりは森の様子で鳥の声、人もあまりいないようでゆったりと館内を歩いてみる。
e0221353_1414613.jpg


ベッドの側にはwelcome doll?(お守り的なもの)上には白地に黒のバリ島民をデフォルメした生地がかざられている。
e0221353_14171026.jpg

壁際にはカウチ風ソファが二つ着いたスタイルにクッション二つ、ゆっくり寝ながらTVが見える位置にある。
こちらはベランダ、3階です。外の田園風景が美しいですが、夜雨がたくさんふって椅子のクッションは濡れてます。翌日は晴れていて田んぼで農作業をしている人を見ました。
e0221353_14111561.jpg

ロビーの一角です。ここでチェックインの手続きでwelcomedrinkなど飲みつつ待ってます。
アジアンテイスト(当たり前ですが)の家具が日本人の心をくすぐりますが、こんな大きな家具は置くスペースないしねー
e0221353_1413320.jpg

by refreshingtime | 2011-01-25 14:24

バリ島へと出発

まず新宿から成田エクスプレス9号に乗るためタクシーに乗ることから旅の始まり。
早朝の新宿駅はいつもと違う顔でした。

新宿駅の5,6番線は南口からが便利。早く着き過ぎてコーヒータイム。
東京駅からの別の車両で次女の車両とドッキング、メールで確認して同時刻に成田空港第2到着。

ガルーダインドネシア11時出発で当日17時50分(1時間早い)デンパサール着。
空港で円からルピアに両替する。この日は1円が106ルピアだった。インドネシアは二本円に0が二つ余分についた値段と思えばよいと娘が言う。10,000円→1060000ルピアに

ドルは日本にいるときに両替してある。5万ドル→43,050円(rateが86円(30円/1ドルの手数料込み)
でも銀行によりrateが違うので電話でちょっと確認すると良いかも。
私は三菱UFJがみずほより30銭くらいよかったのでそこにしたけど。

ルピアへは空港での両替が一番いいと思うが、ウブドのメインストリートでは両替屋の看板がたくさん見受けられた。こわいところもあるので注意。

車でデンパサールからウブドまでの道を走っていて、お店があってもそんなに明るくなくスピードを出して走るので怖かったです。一応雨期なので雨かと思っていたのですが降っていなくて暑さもさほどではありませんでした。これはお部屋に置いてあった歓迎人形です。ワラのようなもので作ったバリの人形です。お土産に買った鍋敷きのようなもの(@100円也)に置いてみました、かわゆい。
e0221353_1449988.jpg

by refreshingtime | 2011-01-24 23:38