Ibu Oka 2号店

2日目はウブドのハノマン通りをショッピング。バリ王の4時間無料チャーターでホテルを出ます。

Ibu Oka2号店 Jl. Raya Teges Peliatan, Ubudいまやどこのガイドブックにも乗っているローカルかつ有名ワルン。
ここはバビグリン(豚の丸焼き)のみのメニューです。一号店の前を通り越し(すごく混んでいたらしい)2号店へ連れて行かれる。

e0221353_22295947.jpg
ホントのイブオカか?と一瞬疑うが入ってすぐに豚の丸焼きを見て納得。中は広くレストランって感じ。お客さんは次々と来るがすぐに座れた。地元の外国人もラフに食べてます。こちらは外観。旅行会社のブログからお借りしました。


e0221353_21385019.jpg豚1匹を解体、味付けしてある身、皮、内臓などすべてをご飯と一緒に頂くバビグリン。ウインナのようなのは血のソーセージと思われる。私は苦手。ホルモン系も噛み切れず。皮はパリパリとおいしい。野菜炒めも添えてある。




でも一皿30000Rp.(300円)で安いです。飲み物は別。バリではただの水は飲めないので食事のときは必ず何か飲み物をとります。ミネラルウォータやコーラが安いですが缶入りのウーロン茶は日本製ので少々高かったです。

e0221353_21391119.jpgこちらが丸ごとの豚を手際よく皮、肉などごはんと野菜が盛り付けてある皿に入れているところ。レジの側でやってます。たくさんのお姉さんが働いてます。一品で安くて人気店って…日本の牛丼屋みたいなんかな?





e0221353_21542490.jpgトイレの洗面。私は気づきませんでしたが、豚の形をしていたと娘が写真を撮ったもの。ちょっとこわいですね。
[PR]
# by refreshingtime | 2011-01-30 22:35

Mangga Madu、Ubud

1日目は6時ころデンパサール空港着。
まだ明るい中走り始めてホテルに着いたら真っ暗に。そこから食事に出るためにタクシーを呼んでもらいます。

マヤウブドホテルに入る道で、すでに見つけていた”マンガ・マドゥ”ここはバリの地元人の食堂(ワルン)です。
レストランや食堂などいろいろ行ってみて、すべて外との区切りがありませんでした。←仕切りの壁がない
扇風機もあるところもあったのですがクーラーなしです。でも夜だったので暑くはありませんでした。

Mangga Madu(マンガ・マドゥ) - Jl Gunung Sari No.1 Paeliatan,Ubud
サレン・アグン宮殿から徒歩10分(我々はマヤウブドホテルからタクシーですぐ)

e0221353_20173559.jpgナシチャンプル(ご飯と鶏肉や野菜の炒め物がワンプレート、もこもこしてるのは海老せんべい)
15000Rp(150円)






e0221353_20192097.jpg
アヤム・ケジャ(鶏肉にチーズが入っている、ポテト添え)27000Rp(270円)






e0221353_2026427.jpgソトアヤム(スープ)10000Rp(100円)空芯菜炒め8000Rp(80円)ちなみに食べやすく切ってないので一生懸命歯で切りました^^;
飲み物はコーラとミネラルウオーター各40円、30円     計67000Rp.(670円)一人350円弱





こちらはジモティ向きなのでお安くサービス料などはありません。チップも必要ないと思います。
お店の女の子はみんな小柄でスマートでかわいらしいです。でも日本人も多いらしく日本語のMenu(写真入)があり分かりやすいです。ナシ・チャンプルは日替わりらしいです。
味はインドネシアの味付けなのですが私はふつうに食べられました。偏食の方はお勧めできないかも…

ちなみにマンガ・マドゥの道を挟んで”ワルン・ミナ”があります。こちらはお魚の料理で有名だそうです。
[PR]
# by refreshingtime | 2011-01-30 20:31
バリ旅行も最後の日の5日目、当日はチェックアウトをしてから荷物をコンラッドに預ける。
アムルタのスタッフが迎えに来てくれます。

Nusa DuaにあるThe Amertaはクリームバス(ヘア)とフェイシャルを専門にしているスパです。
最終日にホテルをチェックアウトしてから夜中(0:55発)のフライトで帰国する方たちに合わせて、どこかの旅行会社が始めたのでしょうか?午前中ショッピングをして午後スパタイムを過ごして…ちょうどよいときに終り飛行場へ行くように…

でも私たちは朝10時から午後4時頃まで

車で30分くらい走り急な高台に登ったところにアムルタはありました。
娘は写真OKだったのでとっていましたが私は面倒だったのであまりありません、彼女のを拝借しました。
下の写真はまず施術を受けるときに選ぶスクラブ、クリームバス用のクリーム、マッサージオイルなど。
e0221353_2137598.jpg


私のメニューは
・ボディスクラブ(塩のようなもので全身をマッサージ、角質はとれたのでしょうか?)シャワー。
・私はアーユルベーダ、娘はオイルマッサージ。ここで二人並んで受けます。左側についているpotはシロダラのオイルです。
e0221353_22151695.jpg

・これが終わってから花びらの敷き詰められたフラワーバスに入ります。湯加減?も良かったです。娘と二人で入ります。友人となら裸の付き合いですね~
e0221353_22131611.jpg

・入浴後ボディローションをします    以上80分
・シロダラ(第3の目にオイルをたらす)←気持ちいい。第3の目が開いたかも?これが30分
・フェイシャル(すごくていねい、気持ちよいタッチ)80分
・クリームバス(ヘアのバスです)終わったらシャンプーリンス、ヘアマッサージします。80分
ここがシャンプールーム。セラピストさん美容師の資格持ってんのー?その辺の美容室よりベターです。
e0221353_22192794.jpg

以上が終了して軽食や水分を取りヴィラでリラックスタイム 60分 中庭の見えるところで過ごします。
もうセラピストさんは下がっていて誰もいませんよー。
e0221353_22252184.jpg


計5時間30分の極楽タイムは計133ドル(約11,500円)安い!!こういう時円高を実感!
娘とこれって日本だと3万以上かかるよねーと下世話な話をしましたが、セラピストさんが上手なので余計に感激しました。

あ、そうだ効果ですが、私のようなお年寄りでも確実にお肌の張りが違ってきます。顔のシミはとれませんがとってもすっきりしたお肌になった気がします。こういうのを頻繁にしていたら確実にアンチエイジングですね。
私は最初で最後かも~
もしバリに行くならぜひお立ち寄りくださいませ(^^)/
[PR]
# by refreshingtime | 2011-01-29 22:20
4日目はHISのオプショナルツアー”バリ島達人ツアー”に参加、ここも私たち2人のみ。
なのでHISのガイドさんプラスドライバーさんはかなりリラックスモードです。
これは後で書くので今回はスパでした。達人ツアーの帰りにマッサージするかと聞かれていて、私は「帰るよ、あなた一人で行きなさい」と言ったらガイドが「二人だと割引よー」というのでまあいいかと60分25ドルのマッサージへ。
e0221353_15562217.jpg

服は脱がなくてもいいというので座ってやると思っていたらベッドへどうぞという。
夜なのでよくわからなかったがかなり大きな老舗のspaらしい。あまり期待しないで横になったがそれなりに上手でした。私はジーンズをはいていたのでふくらはぎの部分が出来ないので脱ぎましたが。
e0221353_15564142.jpg


次女はキャミソールドレスなので脱がなかったようです。ここは娘が「よだれがでた」ほどすーっとリラックスしたらしく「チップチップ」とあげました。
旅行していると財布の紐はゆるみますね。でも日本人はあげない人も多いのではないでしょうか。なのでサービス料が入っていると思われますが。チップを考えると日本にいてよかったとも思います。

もちろんここのspaもいろいろなコースがあります。でも2、3、千円くらいの料金(円高のありがたさ)で60分なら日本と比べ物にならないくらいのスパ天国ですね。多分この業界はそれで生活している方がたくさんいるので切磋琢磨していると思います。

次回は最高だった”The Amuruta”です。
[PR]
# by refreshingtime | 2011-01-27 16:02
3日目はウブドからスミニャックに移動しました。
チャーターのタクシーを頼んで途中いろいろなところでショッピングや食事をして一日5000円(一人2500円也)このガイドさんは娘がどこかのブログから見つけてきて日本人の方の友人で日本語がしゃべれます。
でも「まじー?」とかかなりフランクな日本語をしゃべる元サーファーのティモール人の方でした。
e0221353_14465053.jpg

スミニャックでじゃらんじゃらんしてクンティ通りの予約してあった”チル”へ。chill out という意味でリラックスという意味だそうです。リフレクソロジーをメインにしています。
わりと小くでもきれいないサロンです。フロントでいろいろ書いてからまず足のマッサージ。男性セラピストです。
e0221353_14483970.jpg

写真は禁止ということでしたのでセラピールームはブログからお借りしました。大体倉庫のようなところで薄暗い中にベッドが10台くらいあります。椅子のような背もたれ付です。
e0221353_14485241.jpg

なんと私が施術されたセラピストさんは抜群でした。男性でしたので「ソフトで」とリクエストしてありましたが、ちょっと強い感じがすべてつぼに入っていてスムーズで気持ちよかった~足だけでなく背中も少ししてくれました。

こちらはやはりドル払い。スパやマッサージは観光客向けはドル払いが多いみたい。60分の”The Classic”というコースで15ドルeach。でもサービス料とtaxで20ドル近くいったので注意。
娘は「いまいちだった」そうです。
[PR]
# by refreshingtime | 2011-01-27 15:12